2018.05.11 09:00

ポジティブな自分に切り替える“スイッチ” モーニングスパーク

ゴールデンウィーク後お休みモードから抜け出せず、やる気スイッチがなかなか入らないという方、また四月の新年度から環境が変わり毎日を忙しく走り続けているという方がいらっしゃるのではないでしょうか?それだけではなく、この時期は季節の変わり目で気温の寒暖差も激しく、いつもよりイライラしたり、不安になったり、落ち込んだりと春ストレスを抱える方も少なくはありません。

 

そんな時には、エッセンシャルオイルのモーニングスパークがおすすめです。モーニングスパークはもともと仕事をがんばりすぎるがゆえに、さまざまな症状を引き起こしてしまう“バーンアウト(燃え尽き症候群)”にCHICOが着目し、ブレンドを考えました。これは都会で働く女性の多くに見られる現象で、まだまだ男社会の中で常にプレッシャーを感じながらも、それに負けないようがんばりすぎてしまう女性が、行き詰った時自分を責め、自信をなくしがちになります。それでも「今日もがんばらなきゃ!」と自分に言い聞かせて、無理しながら一日をスタートする毎日………。そんな女性たちにポジティブな自分に切り替える“スイッチ”の役目となるオイルを作りたい!という気持ちから、モーニングスパークは誕生しました!もちろん働く女性だけでなく、日々家事や子育てに奮闘するお母さんにも、家族のために遅くまでせっせと働くお父さんにも。頑張り屋のみなさんに、エナジーチャージをしてもらうためのオイルなのです。

 

◆モーニングスパークはこんなときに◆

・なかなか朝起きれないときに。

・季節の変わり目に体調を崩しやすいときに。

・元気がでないときに。

・風邪のひきはじめに。

 

◆主な成分◆

免疫力を高め、風邪やインフルエンザなどの予防に良いとされるマヌカ、モミ、シソ、オレガノなどを配合。疲れた心をリフレッシュしてくれるラヴェンダーも配合し、香りにまろやかさをプラスしています。

 

◆おすすめの使い方◆

 

■朝起きれず、元気を出したいときに

朝、モーニングスパークを5滴手にとり、足の裏につけます。土ふまずにあるツボ「湧泉」(押さえる、ぎゅっと痛みを感じるポイント)を押して刺激します。この時一緒にふーっと息を吐きます。

 

■ちょっと疲れたなと感じたときに

まず3~5滴を手にとり、丹田(おへその下)と、仙骨(尾てい骨部分)にすり込みます。仙骨をさするようにオイルをなじませ、両足を肩幅に広げます。そのまま丹田と仙骨に手を当ててゆっくり呼吸します。

▷仕事の合間でも、化粧室でささっとできる簡単ケア。生理痛でお悩みの方にもおすすめの使い方です。

 

■風邪かも?と感じたときに

モーニングスパークを5滴手にとり、首のリンパにすり込みます。

 

■眠気を覚ましたいときに

モーニングスパークを2~3滴手にとり、手首などに塗り、香りをかぎながら数回深呼吸します。

▷SHIGETAのオフィスでも睡魔に襲われる昼食後は、みんなでモーニングスパークを回してそれぞれ背伸びなどをして眠気を回避しています!

 

ポイントアドバイス

①    SHIGETAでは、オイルを使用する際、意識した呼吸も大切にしています。意識した呼吸は、神経系統の働きを活性化させ、リラックスとアクティブのバランスをとります。息を吐く時に体の中から疲れ、ネガティブな感情、イライラが一緒に出るところを想像しながら行ってみてください。

②    水分不足は疲労のもととなります。1日1.5ℓの水を飲みましょう。

 

モーニングスパークを上手に取り入れて、もっと快適な毎日にしてみるのはいかがでしょうか?ぜひお試しください♩

 

モーニングスパーク

5ml 3,000円(税抜)

 

※使用する際の注意

・以下に該当する方はご使用をお控えください。

12歳未満/妊娠中/授乳中/投薬治療中

・1日5滴まで

 

SHIGETAオンラインはこちらから♩