2021.11.24 19:00

きのことキヌアのウコン和え〈CHICO’s Recipe〉

気温が下がってくると、気になるのが「免疫」ケア。今年もさらに気にかけてケアをしたいもの。今月のレシピでご紹介するのは、数種のきのことキヌアの一品。
きのこ類は、免疫を高める食材として知られていますが、東洋医学でも「気」を補う作用があると言われています。
確かに、私は一日イベントなどで喋り通したりしたような日の夜は、決まって大量のキノコ類をとにかくたくさん食べたくなるので身を以て納得しています。
今回は、しいたけ、ヒラタケ、エリンギを使っていますが、ヒラタケ、エリンギの代わりに、マイタケやシメジでもキノコならではの香ばしい匂いを堪能できます。
むくみとりに良いカボチャ、体を温める作用のある生姜、解毒を助けるウコンと一緒にどうぞ。
またキヌアの代わりに茶碗一杯の玄米で作っても美味しいですよ!
CHICO SHIGETA
〈材料(一人分)〉
キヌア1/2 カップ
しいたけ40g スライス
カボチャ60g 1cm角に切る
生姜2かけ細かくカット
ウコン(粉末)ティースプーン山盛り1
ヒラタケ、エリンギ 適量
アサツキ 適量
ごま油大さじ1
塩2つまみ
ブラックペッパー少々
〈作り方〉
塩を入れて沸騰したお湯にキヌアを入れ、火を弱めて15〜20分間茹でる
ヒラタケを分ける、エリンギは5mmの厚さにスライスして、グリル、またはオーブン(100度)で5分ほどカリッとするように焼く
フライパンにごま油を入れ、生姜を炒め、カボチャを炒める。
カボチャに火が通り始めたら、しいたけを入れて炒める。
しいたけがしんなりしたら、キヌアとウコン、塩少々、ブラックペッパーを入れて、よくかき混ぜる。
器に盛って、アサツキをのせていただきます。