2021.08.27 20:00

疲れが取れないときのセルフケア

最近、疲れが取れないなと感じていませんか?
暑いと体力を消耗しやすいので、しっかり眠ることと休息を取ることが大切です。

 

・疲れが取れない理由

・疲れを取るのにおすすめの入浴法

・疲労回復の食材

・体のバッテリーをリチャージする呼吸法【動画】

・疲労感におすすめのオイル〈モーニングスパーク〉

 

【疲れが取れない理由】

夏の暑さは体力を消耗しているのにも関わらず、寝苦しさにより睡眠の質が落ちたり、体の中の栄養素が不足すると、その疲労感が抜けにくくなってしまう可能性があります。

 

【疲れを取るのにおすすめの方法】

まずは暑すぎない温度のお湯でバスタイム!眠りの質を良くするには、その前の入浴でいかに体をゆるめることができるかがポイントになります。

いつもより低めのお湯にじっかり浸かることで副交感神経を優位にして、体の力を抜きましょう。そして、そのときには心地よいと感じる精油の香を用意することでリラックス度がアップします。

 

【疲労回復の食材】

疲労回復にいい食材を取り入れることで内側からケアをしていきます。そこでおすすめなのが生姜!

生姜をすりおろして、ティーポットにお湯、レモンやはちみつを入れてお茶のように飲むと疲れをリフレッシュできるはずです。

それでも回復しない場合は鉄分や亜鉛不足かもしれませんので、サプリメントなどでもいいので積極的に取り入れましょう。

 

 

【体のバッテリーをリチャージする呼吸法】

https://youtu.be/pAs83lUQrJ0

 

①モーニングスパークを2,3滴手に取ります。

②おへその下と仙骨へ摩擦するように、擦り込みます

③背筋を伸ばして、背骨をまっすぐにして胡坐をかくようにします

鼻骨から呼吸が入るようなイメージで鼻から吸います。

④その空気が丹田にグッと集まるイメージをし、口からゆっかり吐き出します。

 

 

【疲労感におすすめのオイル】

モーニングスパーク

ウェイクアップブレンドオイル。オレガノ、シナモン、ジンジャー、マヌーカなどのオイルが気持ちの良い朝の始まりをもたらします。100%ピュアエッセンシャルオイル。

 

モーニングスパークはこちら▼

https://shigetajapan.com/products/detail/46